看護師免許を取得した人は、次に看護師の求人を探す事になります。ここで問題になるのは、どこの医療施設で働けば良いのか迷ってしまうことです。

看護師の職場の種類はいくつかあります。例えば規模が大きい医療施設である病院や、入院施設がない小規模のクリニックなどがあります。
病院で勤務すれば良いのか、それともクリニックで勤務した方が良いのかを迷っている場合、適切な判断ができなくなってしまいます。迷っている場合の解決策として、まずはそれぞれの職場の長所と短所を理解することが大事です。
病院や医院、クリニックのそれぞれの長所と短所を理解すれば自分に適切な職場を選ぶことができ、同じ職場で長く勤務することができるでしょう。

まず医療施設の代名詞と言われる病院は、規模が大きく、医師や看護師の数が多いです。最新の設備が整っていることも多く、働いていると医療機器の知識が養えます。
また、患者が多いので患者さんと触れ合う機会も増え、看護師のスキルが向上しやすいという良さもあります。
ただ多忙な時間も多く、体力に自信がある人に向いています。

クリニックは、規模が小さく患者数が少ないです。その分患者一人ひとりとしっかりとコミュニケーションを取ることができ、患者に覚えてもらえる可能性が高いでしょう。
病院よりは多忙な時間が少ないため、体力に自信がない人に向いています。

このように同じ職場で長く勤務するためには、看護師として自分に合った働き方ができる場所を選択することが大事です。